五 本 木 指 圧 研 究 所 - 指 圧 効 果

五本木指圧研究所  電話:03−5722−8016  休診日:満月 および 新月
 
HOME

指 圧 効 果

指 圧 治 療

診 療 時 間

特 典 割 引

ブログ更新情報

指圧研究会

プロフィール

お問い合わせ

L I N K

五本木指圧研究所 ブログ

日 本 指 圧 協 会

東京指圧救護赤十字奉仕団

浪越学園 日本指圧専門学校

日本指圧専門学校 同窓会


Counter
 

 〜 指 圧 効 果 〜

疾病の治療および予防を目的して、皮膚表面に対して垂直圧にて指で押す。
本来の心身に備わっている自然治癒力の働きを促進させ疲労を取り除き、
自己治癒力により健康を維持増進させる機械器具や薬品を使わない医療です。

垂直圧、持続、精神集中の指圧三原則による施術の指圧効果により、体内循環(気血の廻り)を促進させ皮膚の働きを活発にしてホルモン(内分泌)の働きを調節し、筋肉を柔軟にして血管や神経、リンパ腺の働きを調えて骨格のゆがみを直し内臓の働きを正常化へと導く西洋医学と東洋医学を兼ね備えた治療法である。


 〜 指 圧 適 応 症 〜

頭痛、眼精疲労、首のはり、肩こり、五十肩、手足の疲れやしびれ、むくみ、浮腫、腰痛、膝(ひざ)痛、オスグッドシュラッター病、尖足、神経痛、関節痛、高血圧、不眠症、慢性疲労、更年期障害、冷え性、生理不順、生理痛、便秘、胸やけ、息苦しさ、アレルギー、スポーツ前後のケア、食欲不振、ストレスによる体調不良、血行障害、呼吸困難、自律神経失調、不定愁訴からロコモティブシンドローム、予防医学に基づいた機能訓練、体調改善、健康維持、健康増進をはじめ、

脳梗塞後遺症、脳出血後遺症、脳疾患障害後遺症、脳性麻痺、頸椎損傷、頚髄損傷、脊髄損傷後遺症、脊柱管狭窄症、四肢体幹機能障害、四肢筋萎縮、大脳皮質萎縮、末梢神経障害、脊髄小脳変性症、変形性脊椎症、変形性腰痛症、変形性膝関節症、慢性関節リウマチ、多発性関節リウマチ、腰椎椎間板ヘルニア、パーキンソン病、バージャー病、筋ジストロフィー、ニューロバチー、サルコイドーシス、多発性筋炎、ギランバレー症候群、神経原性萎縮症、筋萎縮性側索硬化症、上下肢筋肉廃用性萎縮、全身廃用症候群、廃用症候群の予防閉塞性動脈硬化症、交通事故後遺症、長期透析合併症による骨関節障害、骨折術後の後遺症、大腿骨頚部骨折後遺症等による筋麻痺、関節拘縮、疼痛、運動機能障害、筋萎縮、四肢筋力低下など。

 * 通院困難な方は、ご自宅まで往診して指圧治療させて頂きます。


 〜 指 圧 禁 忌 症 〜

第1類〜第4類の感染症、胸膜炎、腹膜炎、虫垂炎、腎盂炎、膵臓炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、肝硬変、白血病、腸捻転、腸閉塞、癌、高熱の時、手術の直後、極度に衰弱している場合、感染性の皮膚疾患。


CopyRights (C) 2008 - 2013
Gohongi Shiatsu Kenkyujo. All Right Reserved.